2011年10月31日

ロゲイン(カークランドロゲイン)に含まれているミノキシジルって?

ロゲイン(カークランドロゲイン)には、
ミノキシジル、という発毛に効果があると言われている成分が含まれています。


このミノキシジルは、毛細血管を拡張してくれる為、血圧が下降し、
その影響で血の流れが良くなり、毛根が活性化する、という作用があります。
毛根が活性化するという事は、発毛促進という結果に繋がりますよね。
また新しい毛の発毛に影響が有るだけではなく、
細く柔らかくなってしまっている毛髪を太く健康な毛髪へと成長させてくれるのも、
ミノキシジルの特徴です。


またこのミノキシジルを使った研究では、
遺伝性の薄毛や抜け毛の症状を持つ方の30%に今までと違う症状が出て、
10%弱の人には回復が見て取れた、という結果が上がって来ています。


このようにミノキシジルが含まれている育毛剤は、
効果のある育毛剤、と言われているのですが、
ロゲイン(カークランドロゲイン)は、その「効果のある育毛剤」の中でも、
より高い発毛の可能性が高いと言われているのです。


その理由は、ロゲイン(カークランドロゲイン)には、
ミノキシジルが5%も配合されていることが挙げられます。


5%って多くないよね、と思われる方も多いかと思いますが、
日本で販売されているミノキシジル配合の育毛剤の大多数が、
1パーセントの含有率だと考えると、
ロゲイン(カークランドロゲイン)の5%という数字が大きい事を
理解して頂けるのではないでしょうか?


効果のある成分が通常よりも5倍も多めに含まれている
ロゲイン(カークランドロゲイン)、
発毛を望まれている方には、一度お試し頂けたらと思います。




>>ロゲイン(カークランドロゲイン)の詳細確認はこちらからどうぞ

>>携帯からご覧の方はこちら!

posted by カークランドロゲイン at 04:00| ロゲイン(カークランドロゲイン)の成分について